ちょびリッチ

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

つぶやき

ランキング参加ちゅ

  • お暇な時に、ぽちっと応援
    信長の野望Onlineランキング
  • にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ

カウンター


アクセスランキング

« 迷いちゅ。 | トップページ | やっほい!褒められた~ »

2008年3月18日 (火)

けちょんけちょん

にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ

初!!水神王へ行ってきた。

結果は、、、タイトルの通りcrying

いや、かなり酷かったです><

本日の徒党構成 : 裏鬼門、武士、鎧鍛、仏門、神典、忍法、陰陽道

とりあえず、戦闘1回目は泣けた。

開幕      ⇒沈黙の霧・参 (一同、えぇーーーー!

とりあえず、解呪薬ゴキュゴキュっ

敵の2手目 ⇒沈黙の霧・参 (一同、ちょっっっ

と言う感じで何も出来ずに壊滅。


こんな感じのが3戦ぐらいあったかな。

その後、みんなで話しあって、開幕の行動を変える事に。

オデ、開幕3へ混沌。
仏さん、開幕後光
ぽっぽさん、開幕4s
武士(ぜんちゃん)、1へガム

とこんな感じで行く事に。

やっぱり、後光から入ると沈黙の霧・参はほっとんど飛んでこなくなったです。
ただ、、術がえらい事なってました(汗

5への沈黙が入る前に、

5の氷雪嵐・四
1の雪花繚乱

1の氷雪嵐・四

これだけで、党員さんが瀕死><
その後、打撃なり雪花繚乱なり、氷雪嵐なりが飛んで来るので、
確実に旗折れます(あかん???

オデの生命、今は3740程度しかありません・・・(やっぱ足りないのかな。

とまあ、こんな感じで序盤を乗り切ることなく、
けちょんけちょんにやられました・・・。 

でも、オデが一番悲しかったのは……。
龍槍撃一撃)で見事に旗折れした瞬間でした><


オデの経験の無さが生じて、ちょと特化まで指定しないと厳しい><
てのが今現状のオデですね。
なんでも構成でいけるぐらいになりたいなあ…



○自分メモ(思いついた構成編)○

①昨日の戦闘を見る限り(開幕数ターンしかやってないけど…coldsweats01
 滅却は必須ってわけではなさそう。
 まあ、有るに越した事は無いのかもしれないけど…。

②後は、、、やっぱり回復量が劣る修験であるからこそ、
  回復2枚って言うのは安定材料の一つかな?
  もしくは、回復量自体を増加させる。
③術軽減、あるいは沈黙役の増員、この辺りも試して見たいところだね。

これらを踏まえた構成を少し考えてみたsmile

案1:裏鬼門、盾侍、盾鍛、忍(沈)、密教、神、アタッカ
案2:裏鬼門、盾侍、盾鍛、術忍、僧侶、神、アタッカ
案3:裏鬼門、軍(兼沈役)、盾鍛、忍(沈)、盾侍or盾鍛、神、アタッカ
案4:裏鬼門、盾侍、盾鍛、術忍、能楽、神、アタッカ

こんな感じかな??

« 迷いちゅ。 | トップページ | やっほい!褒められた~ »

ゲーム」カテゴリの記事

信On日記」カテゴリの記事

コメント

ぽよーん。

ボクを連れていかないからさぁ(ナギイ風

ま、まぜて

>>キリコ様。
 時間が合えばいいね。
 昨日は、誘おうとしたら
 キリコ既に徒党に混ざってたしね(笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/501215/11479571

この記事へのトラックバック一覧です: けちょんけちょん:

« 迷いちゅ。 | トップページ | やっほい!褒められた~ »

信ブロ推進委員会

  • Nobu_blog

ご利用規定

  • ブログTOP、又はカテゴリの
    無断リンクはオッケーb
    でも、一声あるとウレシイな。

    但し、ツール及びマニュアルへの
    直リンクは不可。
    二次配布(無断転載など)も
    不可とさせていただきます。

信おんのつぶやき

  • Twitter

気になるリンク

べるるんパーツ

お買い物

無料ブログはココログ

著作権に関して

  • ブログ記事内で使用する一部イラストに関して、『2ch全AAイラスト化計画』様より許可を得て使用しています。     
  • このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は、  『信長の野望 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、   もしくは『信長の野望 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが  株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。  『信長の野望 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、  株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。